「あしたのジョー」高森朝雄(原作)/ちばてつや(画)

「あしたのジョー」は、1967年から1973年の間に「週刊少年マガジン」に連載されたボクシング漫画です。
主人公の矢吹ジョーはみなしごの不良で、警察沙汰になるような事をいくつもしています。
物語は、元プロボクサーで今は酒びたりの中年男・丹下段平にジョーが出会う所から始まります。ボクサーとしてのジョーの才能にほれ込んだ段平は、ジョーを育て、もう一度ボクシングの世界に復帰して頂点に立つ事を望みます。
しかしジョーはボクシングに興味を持たず、相変わらず悪事を働きつづけ、そして少年院に収監されてしまいます。
やくざ相手でもけんかに負けたことのなかったジョーですが、少年院で出会った元プロボクサー・力石徹に、人生初のKO負けを喫します。
ここでジョーはボクシングに開眼、段平とともにボクシングに打ち込み、打倒力石を目指します。
プロボクシングの試合で無敗だった力石は、ジョーの事など格下に見下ろしていましたが、少年院で開催されたジョーとのボクシングの試合で、ジョーが必死に磨き上げてきたクロス・カウンターの前に両者KOに持ち込まれてしまいます。
そして少年院から出た両者は、いよいよプロボクシングの舞台で対決します。
「あしたのジョー」の原作者である高森朝雄は、梶原一騎の別のペンネームです。
梶原は「あしたのジョー」と並行して「巨人の星」というヒット作も作っていました。
どちらにも共通するのは、戦いの世界で男が必死に努力しながら這い上がっていく物語である事、そしていちどは人生に負けた中年男性が、どん底から人生を挽回しに行く物語が並行して存在する事です。
「あしたのジョー」は、努力して腕ずくで這い上がるジョーの物語であるとともに、うだつのあがらない中年男・段平の起死回生の物語としても、胸を打つ物語でした。