賭博黙示録カイジ

賭博黙示録カイジは福本伸行さんが描いている日本の漫画です。
週刊ヤングマガジンで掲載されていました。1996年から連載は開始されました。
続編として賭博破戒録カイジや賭博堕天録カイジがあります。
話は続いています。どこから読んでも面白いですけど最初から読んだほうが面白いのではないでしょうか。

この作品の主人公である伊藤カイジは自堕落な生活を送っていました。
そして友人の借金の保証人になります。友人は逃げてしまいカイジは多くの借金を背負ってしまうことになります。
しかし返済の目処は立ちませんでした。
そこで借金の取り立てをする帝愛グループの開催するギャンブルの大会へと参戦をします。
最初のギャンブルは大型船の中で行われる限定ジャンケンです。
この作品は人間の闇の部分を描いています。
そしてお金の怖さなども描かれています。
実際にギャンブルは面白いルールを持っているものが多いです。
普通に読んでいるだけでも楽しめます。
しかし、ギャンブルについて理解をするとそれを実際に行って楽しむことも出来るでしょう。
勿論お金はかけないでゲームとして遊べばよいですね。

漫画としての完成度は高いです。かなりの面白さです。アニメ化もしています。
こちらは逆境無頼カイジというタイトルです。
私はこの作品を見たことがありますが原作の良さを壊さない良いアニメ化をしていると思いました。
そしてこの漫画では名言が多くあります。

例えば明日頑張ろうというのではだめで、今日だけ頑張ることが大切なのだということです。
これには色々考えさせられましたね。
実写映画化もしている名作です。
実写では藤原竜也さんが主演を担当しています。
やはり原作が面白いのでアニメも映画も面白かったです。