コウノドリに学ぶ

妊娠、出産漫画の最高峰はやっぱりコウノドリだと思います。最初読んだときはとても衝撃を受けました。謎のピアニストと産科医。これでどういう風に話が進むのかなとものすごく興味を惹かれました。

妊娠、出産は人生でそうそう経験するものではないと思います。継続した妊娠でお産まで行くとしても、一人につきだいたい二回、多い人で三回か四回くらいじゃないかなと思います。

だからこそ、お産エピソード以外の話や妊娠出産にかかわる病気の話など、勉強になる部分もたくさんありました。

障害を持った胎児を妊娠した話もいくつか入っています。自分の立場に置き換えても結論が出ないくらいむつかしい話です。夫婦、家族によっていろんな結論がでるこの話題でもたくさんの感動を味合わせてくれました。

また、妊娠中の怖い病気についても取り上げていてくれて、怖いと思うと同時にこう言ったことがあれば病院へ行ったほうがいいんだなとか勉強になります。

勉強になったり、怖いだけでなく、お産への感動もたくさんあります。

紆余曲折経て出産に至る妊婦さんにはそれぞれの物語があります。自分に近い性格の妊婦さんには思わず感情移入してしまうことも。

コウノドリ先生や四宮先生など、先生も個性的で、めちゃくちゃ優秀でスーパードクターというわけではないのだけど、やさしくて自分が通う病院にいてくれたらいいのになって思う先生たちばかりです。

妊産婦さんだけでなく、いろんな人に読んでもらいたい漫画です。